「地域主義工務店」の会 | 工務店 木の家 健康住宅 木造住宅 自然素材

» 2018年度の記事

①(in高崎)小林建設
・施工住宅(別冊50号OM特集掲載)、高崎展示場(①陽の栖 ②ギャラリーひのすみか)本社・展示場 コバケンLaBO(本庄児玉) 
・高崎市美術館 旧井上房一郎邸(アントニン・レーモンドの建築スタイル)見学
②(inつくば)小林建設
・福田建設・施工住宅 茨城県つくば市、オープンハウス「星山の家」 笠間市 見学  
・横内敏人先生住宅(菊田建築施工)つくば市並木 見学
・菊田建築・モデルハウス つくば市西沢 見学及び会議
・泉幸甫先生住宅 つくば市研究学園 見学
<建築塾>
・松本子先生(年6回)設計力向上は勿論、実践でのプレゼンテーション能力の向上を目的とした受注に繋がる有益な建築塾。
・山辺豊彦先生 (不定期)耐震設計は住宅を作るうえで外すことのできない重要なポイント。
・横内敏人先生 実際に横内先生が設計された住宅の敷地を課題にし、全6回の講習の中でプランを完成させる。
 講座の中で実際に施工中の現場を見学するフィールドワークも行う。造作家具・植栽についても意識した設計とする。
 基本は1/100でプランをつくるが、最終的には1/50で構造図・模型まで作成する。
<セミナー>
● 東京定例会 (4月)
・「左官の世界」講師 小林澄夫氏:左官ジャーナリスト。「左官教室」元編集長
・塩見和彦さん「西洋アンティークとリノベーション」塩見和彦さんは、著書「ほんもののアンティーク家具」新潮新書。 東急ハンズ立ち上げメンバー。八王子市で「西洋古道具 ガスリーズハウス」開業。その後、東京の青山学院裏の「骨董通り」を仕掛ける。 現在は、栃木県足利市在住。イタリア生活が長かった奥様と、欧州渡航しアンティーク家具買付など…。
・安井昇さん、「糸魚川市大火…防災と木の建築最前線」
・「URA 地域主義建築家連合」設立の紹介。
・近畿大学 東賢一先生「文部科学省…研究補助金」と、調査募集要綱。
● 東京定例会 (1月)
・近畿大学 東賢一 先生(住環境研究実施要項)*エコ建築 喜多社長。
・漫画家・イラストレーター「らぐほ」*赤帽 (SNS最前線 激変する漫画の世界)
・桜設計集団 安井 昇 先生(木摺りと防火)
・元住宅生産課長 鎌田 宣夫 先生(住宅保証制度創設のころ)
・住宅保証支援機構 椋 周二 専務理事(民法改正と工務店)
★チルチンびとの世界観を取り入れた見学会のチラシづくり講座(計3回)in愛知
・講師 中澤睦夫さん オフィスND 東京芸術大学油画科卒業 チルチンびとデザイナー
1.見学会のチラシ作り講座基礎編 2. 実際に見学会のチラシを自分で作る 3. 作ったチラシに対するアドバイス
★木摺研究会 講習会(計3回)in福島(勇建工業・増子建築工業)
<目的> 美しい壁のある木の家で営業力UPさせること。木摺下地の住宅とボード下地の住宅の環境の違いを体験。PB下地の漆喰の不具合、対策方法講習。ヒビ割れの少ないお値打ちオリジナル漆喰工事を提案。
1. 木摺下地とボード下地 2. 土壁の発酵環境の体験 3. 勇建のオリジナルの漆喰と土壁の仕上げを実演

 

2019年11月
« 5月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930